診断は「血液検査」で行います。

血液検査(1回目)
①空腹時血糖値     :126mg/dL以上
②ブドウ糖負荷後2時間値:200mg/dL以上
③随時血糖値      :200mg/dL以上
⇒①~③の何れかに該当
⇒「糖尿病型」と判定
      ↓
「糖尿病型」と判定後、
⇒[糖尿病と診断する条件(下記①~④)の何れかに該当]
⇒「糖尿病」と診断
①糖尿病の典型的な症状(多飲多尿、体重減少など)がある
②1回目の血糖検査と併せて測定したHbA1C値が6.5%以上
③確実な「糖尿病網膜症」がある
④過去に「糖尿病型」を示した検査のデータがある
  
[糖尿病と診断する条件(上記①~④)の何れにも該当しない]
⇒血液検査(2回目)を行う
①空腹時血糖値     :126mg/dL以上
②ブドウ糖負荷後2時間値:200mg/dL以上
③随時血糖値      :200mg/dL以上
⇒①~③の何れかに該当⇒「糖尿病」と診断
⇒①~③の何れにも該当しない⇒「糖尿病型」として経過観察

*境界型とは
「正常型」 ⇒空腹時血糖値     :110mg/dL未満
       かつ
       ブドウ糖負荷後2時間値:140mg/dL未満
       の場合
「糖尿病型」⇒空腹時血糖値     :126mg/dL以上
       または
       ブドウ糖負荷後2時間値:200mg/dL以上
       の場合
「境界型」 ⇒正常型と糖尿病型
       いわゆる「糖尿病予備軍」に該当

次回は、「糖尿病の食事療法」について解説します

株式会社中日エムエス